2月25日は、とちぎのいちごの日です

 

「と(10)ちぎのいちご(15)」の語呂合わせから10+15=25で25日になりました。 また、いちごの流通の多い1月から3月の中の1月25日、2月25日、3月25日の3日間が記念日になるそうです。

 

JA全農とちぎに事務局を置く「栃木いちご消費宣伝事業委員会」が制定し、1968年(昭和43年)からいちごの生産量日本一を誇る栃木県の「とちおとめ」「スカイベリー」など美味しい栃木のいちごをより多くの人に知ってもらい、食べてもらうことが目的です。

 

農林水産省の最新の統計情報によりますと、2020年(令和2年)産の栃木県のいちごの生産量は 、1968年(昭和43年)以降、53年連続日本一を誇っています。

 

北日本ガスではいちごを生産しておりませんが、実はいちごの生産に必要なガス機器にガスを供給しています。 間接的ですが、栃木県のいちごの生産のお役に立てていることは大変誇らしく、今後も安全・安心してガスを使っていただき、美味しいいちご作りのお役に立てるよう一生懸命努めてまいります。

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Previous post 今日(2月24日)は何の日?
Next post 今日(3月12日)は何の日?

レビュー評価

5 ☆
0%
4 ☆
0%
3 ☆
0%
2 ☆
0%
1 ☆
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


閉じる