4月10日は、駅弁の日です。

 

 駅弁の需要拡大が見込まれる行楽シーズンの4月と、弁当の当(とう)から4月10日となりました。

また、弁当の弁の字が4と十の合成に近いことも日付決定の理由となっています。

社団法人日本鉄道構内営業中央会が、駅弁のおいしさ、楽しさをより多くの人に知ってもらうことを目的に、1993年に制定しました。

 

 栃木県民の方はご存知かもしれませんが、駅弁のはじまりは、明治18年(1885年)7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」が宇都宮駅構内で販売したのが有力説になっています。

 

 当時の駅弁は、おにぎり2個とたくあんを竹の皮で包んだシンプルなものだったそうです。

せっかくなので、当時の駅弁と今の駅弁の下イメージを比較してみました!

皆さんはどちらのお弁当が好きですか?

よろしければ、ページ下部からコメントください

 

  • < 当時の駅弁イメージ >

  • < 現在の駅弁イメージ >

 

駅弁の日、特集はいかがでしたでしょうか?

たまには車ではなく、新幹線で小山から宇都宮に行って、駅弁を食べてプチ旅行気分を楽しむのはいかがでしょう♪

 

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %
Previous post 【節約術】古いガス給湯器をお使いではありませんか?
Next post 今日(4月11日)は何の日?

レビュー評価

5 ☆
0%
4 ☆
0%
3 ☆
0%
2 ☆
0%
1 ☆
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


閉じる