TOPページ→ イベント情報・お知らせTOP

お知らせ・イベント情報

2018/01/26(金)

給湯器の給水管凍結による、お湯がでない症状が多発しております。

記録的な朝晩の冷え込みにより、給湯器の給水管凍結による、お湯がでない症状が多発しております。

ガスコンロ等の他のガス機器が使用できるがお湯が出ない場合、給湯器の配管内の水が凍結した可能性があります。

気温の上昇により自然に解凍するまでお待ちください。

 

---------------------------------------------------------------------------

<解凍の手順>

・給湯器のリモコンをOFFにしてください。(※給湯器のコンセントは抜かないでください)

・外気温の上昇によって自然に解凍するまでお待ちください。
・給湯栓から水がでるようになったら、給湯器やその配管から水などが漏れていないかを確認してからご使用ください。

 

※配管に熱湯をかけて解凍をすることは、配管やバルブの破損の原因となるため注意してください。

---------------------------------------------------------------------------

<凍結の予防方法>

(1)給水栓から水を流す方法

ガス給湯器のリモコンの運転スイッチをオフ(切)にし、お湯の出る蛇口から(混合水洗の場合はお湯側)にし、水を細く出しっぱなしにしてください。

目安としては、1分間に約400ミリリットル、幅約4mmの水を流してください。

お風呂の浴槽などで水を受けると、無駄になりません。

(2)配管用保温材をかぶせる方法

給水管のまわりに保温材をかぶせるなどの処置をすることで、水の凍結を防ぎます。

施工については、当社までご連絡をお願いいたします。

---------------------------------------------------------------------------

 

ご不明な点は、当社までご連絡いただきますようお願い申し上げます。